企業理念

TOKYO 2020 Olympic(オリンピック)

2020のTOKYOオリンピックに向けて政治的理由から様々なトラブルが起こっています。
大きくは建設期間の期限により建築業が賑わっているように思いますが、大手事業者の人出・技術不足により長時間労働による弊害が発生しています。死亡時事故、過労死、多くの経営者、管理者、労働者などのメンタルケアは現在不足し、オリンピック後はさらに大量失業者、景気後退、箱物など不動産業も大きなものあまりや、再利用など困難が再度訪れます。格差者社会など変わらず、企業TOPや管理職、多くの人材のサポート・メンタルケア・企業コンサルタントの国家資格者によるカウンセリング事業者が顧問・セラピーの必要性が重視され大きな変化の中で企業が求めるサービスで既に日本は先進国の中で米国・欧州と比べ遅れています。当社の企業理念は早期にこの問題を解決のため事業化し、これからの企業・個人のサポート活動を行う新たな分野の会社です。

今後、私どもの会社は現在の日本にとても重要な業種・業界となります。